キャッシング会社を比較

消費者金融と銀行カードローンの違いは、総量規制があるかないかです。
総量規制とは年収の3分の1までしか借入れができないという決まりで、貸金業法で決められています。

 

総量規制は消費者金融は対象となりますが、銀行は対象外となります。
そのため、たとえ何社から借り入れても総額で年収の3分の1までしか借りられない消費者金融に対し、銀行では年収に関係なく借り入れをすることができます。

借りる前に確認したいポイント

金利

消費者金融と銀行カードローンでは、消費者金融の方が金利が高く設定されています。
それは、消費者金融は銀行からお金を借り、そのお金を利用者に貸しているために、自分のお金を貸している銀行カードローンよりも金利が高くなってしまうためです。
金利が低ければ低い程、月々支払う利息も少ないため返済の負担を減らすことができます。

 

金利数%の差で一月分の返済額程の差がでてくる場合もあるので、返済シミュレーションなどを利用して計画的に借入れすることが大切です。
金利を抑えるためには、金利が低いところで借入れする、早く返済するなどの方法がありますが、30日間無利息などのサービスをうまく利用することで、金利を抑えることもできます。

 

銀行カードローンでも実施しているところがありますが、消費者金融でより多く実施されています。

即日融資の条件

消費者金融でも銀行カードローンでも、即日融資を受けることができます。
また、どちらも14時までに契約を完了させるというのが即日融資の条件となりますが、無人契約機を利用すれば14時以降や土日でも即日融資可能なところもあります。

 

銀行カードローンの場合は返済をその口座引き落としで指定の場合、借入先の銀行の口座を持っていることが即日融資の条件になるところもあるので、注意が必要です。
その点、消費者金融は銀行と違い自社の口座がないため、口座の有無は関係ありません。

手数料

借入れと返済の両方で手数料がかかる会社もあるため、手数料無料の会社や手数料がかからない方法を利用することで、意外とお得になります。
振込やコンビニなどのATMを使うと、一度の利用で何百円か支払うことになり、特に返済の際は月に一度は利用することになるため、完済までを合計すると手数料だけでも意外と多く払うことになってしまいます。

 

事前に調べて少しでも負担を減らせるように工夫すると、返済の負担を減らすことができます。
申込手続き前に返済シュミレーションを利用して、どれくらいの金額を返済するのか確認しましょう。

 

専業主婦は銀行カードローンに限られる

専業主婦でも融資OKの銀行カードローン
参考サイトタイトル:専業主婦カードローンチョイス※旦那に内緒で借りられるローン
サイトURL:http://xn--eckn7b4a2bzmob9bwec6643f9r4a8me930d.com/
こちらでは無職の主婦が借りることができる金融機関が紹介されています。
カードローン会社を条件別に比較したい方の参考になるサイトです。