専業主婦におすすめのキャッシング方法は

2006年12月に新しい貸金業法が成立しました。しかし業者側のシステムを含む対応についての準備期間が必要であり、市場の混乱も加味して、段階的に施行してゆきました。すべての規定が施行されたのが、2010年6月18日です。総量規制も、この時に施行されました。これは年収の3分の1を超えてお金の貸し付けを行ってはならないとするものですので、専業主婦などが貸金業者からキャッシングの契約を単独で行うことが難しくなったのです。消費者金融のカードローンは、比較的主婦でも利用しやすいものだったのですが、収入がなければ利用できないということになったのです。雇用形態には柔軟な対応になった傾向にありますので、アルバイトであっても問題なく審査の対象になりますので、その点はかえって顧客の幅は広げた結果になっています。もし専業主婦が単独での借入したいというのであれば、おすすめは銀行です。銀行は貸金業者ではありませんので、総量規制の対象にはなりません。単独の収入がない人に融資をしても、全く問題はありません。ただし返済能力についてはしっかりと審査されますので、誰でも貸し付けるというわけではありませんが、可能性は高くなります。その銀行の口座があれば、申込から融資までの時間が最短30分程度という、スピーディーなものもあります、とはいえ、全体的にはまだまだ即日利用できるようになるというものはそこまで多くはありませんので、余裕を持った見当がよいでしょう。